logo1

フライパンの種類

通販キッチン用品ドットネットへのお問い合わせ 通販キッチン用品ドットネットではクレジットカードと代金引換で支払いができます

フライパンの種類

どんなフライパンがあなたに一番ぴったりでしょうか? 一般の家庭向けに販売されているフライパンの長所、短所を簡潔にまとめてみました。

素材別の種類

鉄のフライパン   1000度の高温に耐えるから、熱~く予熱したフライパンで一気に調理できるのが最大魅力! ステーキや野菜炒めが水分や旨味を逃さずできる。欠点は焦げやすいことと錆びやすいこと。でも空焼きや油慣らしなどお手入れをちゃんとすれば、焦げないし、非常に丈夫で一生もの。詳細は、鉄のフライパンのお手入れをご覧ください。

ステンレスのフライパン   耐久性、耐食性(錆びない)、保温性に優れたステンレスのフライパン。短所は熱伝導性が悪いことだけれど、通常、世界でも最高級メーカーが作る調理器具は、内面に熱伝導性の良いアルミを数層をサンドした多層ステンレス鍋。また高温に耐えるので、十分に予熱すれば、高温でステーキなども美味しく焼ける。無水調理や無油調理ができることで有名。

アルミのフライパン   熱伝導性が良いので、すぐにフライパンが熱くなり経済的。軽いので、女性でも片手で手首を使い食材をひっくり返せる。酸、アルカリ、高温に弱いので、鉄やステンレスのように丈夫ではない。

このような素材そのままの特徴を生かしたフライパン以外に、近年、最も一般家庭に普及しているのが、食材が焦げ付かないように表面加工されたフライパンです。これらのフライパンは、通常アルミをベースとしたフライパンに数層の中間層をはさみ、それぞれの表面加工を施しています。

表面加工別の種類

フッ素樹脂加工フライパン   驚くべき非粘着性、低摩擦性から、焦げ付かない、汚れが落ちやすいフライパンが実現。その難点は、耐熱温度が低く、熱伝導性が悪いので、高温で予熱することができず、魚のソテーやパスタなど低温調理向き。また、フッ素樹脂がプラスチックの一種で傷つきやすいため、数年おきに買い換える必要がある。

テフロン フライパン   実質的にはフッ素樹脂加工フライパンと同じ。米国デュポン社が商標登録したフッ素樹脂加工を使っているフライパンのみこの名称を使える。長所、短所も上と同じ。ただ、品質管理を徹底しているデュポン社だけあり、ブランドの信頼を得ている。

ダイヤモンドコート フライパン 焦げつかず、汚れが落ちやすいのは、上と同じ。しかし、フライパン内部の層に、人工ダイヤモンドの粒子を使用しているので、プラスチックの一種のフッ素樹脂加工と比べると耐久性がある。ただ、耐熱温度が低く、熱伝導性が悪いので、魚のソテーや、パスタ、卵料理など低温調理向け。

マーブルコート フライパン   
同じく、焦げつがず、汚れが落ちやすい。フライパン内部の層に、マーブル(大理石)のナノ粒子を使用しているため、プラスチックの一種のフッ素樹脂加工と比べると耐久性がある。ただ、耐熱温度が低く、熱伝導性が悪いので、魚のソテーや、パスタ、卵料理など低温調理向け。

それぞれのフライパンの長所、短所を理解したうえで、自分の好きな料理、生活スタイルに合わせて、選択するのが大切です。また、よほど料理をしない一人暮らしの硬い害なら、一本以上持っているのが普通。調理する食材、料理方法ごとに一番適したフライパンがあるので、数種類違えて揃えられれば、それに越したことはありません。