logo1

【貝印】関孫六 ステンレス金寿 出刃包丁165mm

通販キッチン用品ドットネットへのお問い合わせ 通販キッチン用品ドットネットではクレジットカードと代金引換で支払いができます

【貝印】関孫六 ステンレス
金寿 出刃包丁165mm AK-1102

有名な関の包丁なら、【貝印】関孫六 ステンレス金寿 出刃包丁165mm AK-1102

 

和包丁の名産地、関の包丁。ハイカーボン特殊ステンレス刃物鋼で鋭い切れ味と優れた研ぎ直しが実現!

5,990

税込: 6,289


在庫状況:  

配送目安:  
支払方法:  

通販キッチン用品ドットネットで買う

 

【貝印】関孫六 ステンレス金寿 出刃包丁165mmのおすすめポイント

魚をおろすなら、関の包丁、関孫六ステンレス金寿をおすすめします。

出刃包丁は、魚の頭を骨ごと落とし切り身にするために作られた和包丁で、現代では肉を切るのにも使われます。刃幅が広く、刃元が太いから、力が入れやすく、刃にダメージを与えることなく、骨を切ることができます。使いやすい出刃包丁を一丁備えておくと、料理の幅が広がりますね。

◯ハイカーボン特殊ステンレス鋼を採用+KAI独自の糸切刃付け方法 研ぎなおしやすい関の出刃包丁です。
◯積層強化木八角ハンドル
持ちやすい柄で、安定して切れます。水に強い加工をしているので長持ち。
持ちやすい貝印 関孫六の出刃包丁です。

◯関孫六の銘の由来
鎌倉時代、戦乱が続く都を逃れた刀鍛冶の一部が、良質の土、水、炭に恵まれた関(美濃)に移り住み、以後の関の刀剣の名声を確立しました。「関の孫六」も、九州から移住した刀匠。彼はは独特の作刀を工夫し、美しく芸術性の高い、切れ味の抜群な最上の刀を世に送り出しました。時は移り、関の刀匠たちの多くが家庭用刃物の製造へと転業しましたが、関の刀剣が「折れず曲がらず、よく切れる」と称賛された信念は現代の刃物作りにもしっかりと受け継がれています。本製品「関孫六」の銘は、27代目兼元、名匠金子孫六氏によるもので、巧みの技と切れ味を現代に伝えています。
関の出刃包丁は切れ味が違います。

魚を下ろすために作られた和包丁である出刃包丁。魚や肉を裁くのにちょうどいい165mmサイズです。大きな出刃包丁は使いこなせないという方におすすめのサイズです。関孫六の包丁なら、以下の製品もご用意していますからご覧下さい。


【貝印】関孫六 ステンレス金寿 出刃包丁165mm AK-1102

関包丁なら、【貝印】関孫六 ステンレス金寿 出刃包丁165mm AK-1102

5,990

税込: 6,289

通販キッチン用品ドットネットで買う

 

商品詳細

商品名: 関孫六 ステンレス金寿 出刃165mm
品番: AK-1102
材質: 刀身:モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼 
口金: ナイロン(耐熱温度92度)
柄:積層強化木
原産国: 日本

通販キッチン用品ドットネットだと、8000円以上送料無料!

通販キッチン用品ドットネットで決済と配送方法